研修会


山形県宅地建物取引業協会主催の研修会に参加してきました。
住宅の設計、施工に詳しい専門家が住宅の劣化状況、欠陥の有無などを診断することをインスペクションと言います。今回はそのインスペクションについての研修でした。

英語のインスペクションという言葉の意味とは…調査、検査、点検、視察の意味。これらを実施する人のことをインスペクターと呼びます。

 


現在、このインスペクターに国家資格はありません。民間団体が認定しており、それぞれ独自の資格名称、資格呼称を付与しているだけの状態です。極端な言い方をすればインスペクター(住宅を診断する人)は誰でも名乗ることができ、建築士などの特別な資格を保有せず、住宅診断を行っても法的制限はない状態なのです。

しかし、来年の4月から宅建業法の法改正がなされます。インスペクターという名称が「既存住宅状況検査技術者」という名称になります。この資格は国交省の登録講習機関で講習を受け、なおかつ建築士の資格を保有している者のみが名乗ることができます。

また、この法改正によって、中古住宅の売買の媒介(仲介)の際に媒介業者は買主に対し、過去1年以内に行われているインスペクションがあればその有、無を説明する必要があります。ただし、このインスペクションも前述の「既存住宅状況検査技術者」が行ったインスペクションに限ります。

リフォームして売り出されている物件を含め、中古住宅と言えど安心して購入したいと思うのが当然です。
当社にはパナソニックの家検制度というプロの建築士が住宅を診断、アドバイスするサービスもございますのでお気軽にご相談下さい。ではまた!

 

☆リフォーム、新築のことならぜひリファインさかたでどうぞ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)