外壁塗装

窯業系サイディングの塗装塗り替え時期ですが一般的には10年を目安に塗り替えをしたほうが良いと言われております。しかしながら、海岸沿いや風雪の影響を受けやすい地域ではそれよりもっと短いスパンでの塗り替えが必要になると思われます。

外壁の継ぎ目に施工する、シーリング材の劣化度合いの確認も必要になります、年数が経過すると切れていたり、硬くなり伸縮性が失われたりしてきます。シーリングが切れることにより雨水が壁体内部に入り込む可能性が高くなり、内部通気層に取り付けられている外壁下地の木材を腐らせる原因にもなりかねないのです。

ちょっとした外壁の補修や、目地の切れ修理にDIY作業でシーリング作業をしたという話をよく耳にしますが、シリコーン系のシール材を使用するのはお勧めできません。塗料が乗らなくなるためです。シリコーン系の材料は値段が安く、比較的扱いやすいのですが、後施工のことを考えた場合変成型のシーリング材を使うのが良いと思います。

当社では外装工事全般のご提案・お見積りを無料にてご相談承ります、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

☆酒田市・鶴岡市のリフォーム工事、増改築工事は当社へご相談下さい。酒田市リフォーム補助金・庄内のリフォーム補助金代行申請承ります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)