シロアリ対策

【シロアリ対策工事】

タンスを移動してみたら何やら汚れが・・・・。

076

よく見てみると、シロアリの大群を発見しました。(畳を食べていたようです)

シロアリは湿気や地盤の状態により、蟻道というトンネルを作って土台部まで進入してきます。大切な財産を守るためにも定期的な床下検査や予防作業が必要となります。

084

窓まわりからトビイロケアリの大群が発生しました、壁内に巣があるものと思われます。

IMGP0530hp

主に水まわり(トイレ・洗面室・台所・浴室)がシロアリ発生のポイントですが、まれに雨漏りにより、水まわり以外の居室部分への発生もみとめられます。

IMGP0484

浴室まわりのシロアリ被害に伴い土台を一部交換しました。青っぽく見えるのが薬剤散布した状況です。

P1020610hp

雨漏れによる腐食によりシロアリが発生する場合があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

薬剤散布状況

薬剤の効果持続期間は約5年です、健康問題などにより以前の有機溶剤系から水性薬剤に切り替わっております。床組を解体しない場合は床下点検口などから潜っての散布作業になります。

P1000085

GL(地盤面)~1m以上の高さまで薬剤を散布します。(写真は無着色タイプ)

有機溶剤系のようなキツイ臭いは殆どありません。

P1000087

床下調査は随時無料調査を実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)