酒田市東泉町にて、1月21日土曜日・22日日曜日に構造内覧会を開催します。

完成してからでは見る事のできない構造や断熱材を、ご覧頂けます。

セルローズファイバー断熱材のすばらしさを、いろいろな実験をして証明いたします。

①この断熱材は、夜に20℃の室温で暖房を消して就眠しても、翌朝10℃~15℃の室温を

保っています。

寒い朝、起きるのが寒くて辛いということが軽減されます。

②また、高気密でありながら、湿気を吸ったり吐いたり調湿するため爽やかな室内空間になります。

他の一般的な高気密住宅ではビニール等で覆うために、中で蒸れてしまいます。

ちょうどビニールの雨合羽を着たようなジメジメした状態になってしまいます。

③セルローズファイバーは防火にも優れていて、燃え広がりにくく難燃性です。

そして、一番怖い有害ガスの発生もありません。

以上のような特徴があります。

ぜひ、構造内覧会でご確認ください。ご来場心よりお待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)