さかた・鶴岡のリフォームのことなら何でもお任せ!の「リファインさかた」からのお知らせです。
今回は シニアライフに向けたリフォームについて。

高齢になると行動範囲が狭くなったり、水廻りの不便など、今までの自宅での生活が大変になったりします。
また、高齢になってからリフォームしようとすると、工事の手配や工事期間中の負担、リフォーム後の暮らしに慣れるまでに時間がかかることもあります。
高齢になったときの暮らし方をイメージして、前もってのリフォームはいかがでしょうか。

(例)
介助が必要のため、お風呂やトイレは、なるべくスペースを確保
扉を引き戸や折れ戸にして出入りしやすく
床は滑りにくいものにして、洗面脱衣室とお風呂の段差を解消
手すりを設けて出入りや移動を安全に

<冬の寒さ対策もご一緒に>
高齢者の注意としては 家庭内の急激な温度差です。
浴室と洗面脱衣室は、断熱リフォームをし暖房器具を。

【リフォームのイメージ】
ofuro_reform

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)